So-net無料ブログ作成
検索選択

日ロレOH済2年保証★ロレックス GMTマスター1675/8★18Kフジツボ 激安価格はここで探せ!!


日ロレOH済2年保証★ロレックス GMTマスター1675/8★18Kフジツボ


ロレックス GMTマスターってなかなか入手できないですね。

私もいろいろ検索しましたが、
やっぱりロレックス GMTマスターは、ここのサイトが確実にゲットできるようです。


やっぱりのところ、もうこちらのサイトでしか見つからないでしょうね。



日ロレOH済2年保証★ロレックス GMTマスター1675/8★18Kフジツボ

>>この商品についての詳しい内容はこちら





人の視感に反応するかのようなその甘いフェイスのチュコレートブラウン、50年前それはより甘い色合いであったはずが、その50年という時が、そのもの自体の存在を変えていった……
1957年よりリファレンナンバー”6542/8”GMTマスターファーストモデルの金無垢モデルとしてフジツボが誕生し、1969年セカンドモデル1675/0と同時に金無垢モデル”1675/8”も誕生した。それはケース形状をノンガードからトップガード、そしてスクエアートップと変えながら、ダイアルの素材自体を変え4回のマイナーチェンジを経てビンテージとしての黄金時代のGMTの世界を1980年、伝説キャリバー”1570”から”3075”に変わることで幕を閉じることとなる。
フジツボという世界….それはキャリバー”1570”の伝説キャリを前提に100年、いや200年以上の時を平然に最高の精度を追い求めたロレックスGMTマスター セカンドモデルが最終章となることを証しているのかもしれない。

そして今回ご紹介する一品、1675/8,1978年最終章となっていくセカンド金無垢。ダイアルは5ステージとなるマットダイアルにより近い状態である光沢のフジツボ。一見、マットダイアルのような深い味わいとそこに自然体としての光沢が絶妙なバランスで4ステージとしての役割を果たしているような気がする。しかしこの一品のダイアルはヤケによりスモークブラックとして独特の色合いを感じさせ、妖美な色合いを漂わせている。ベゼルはブラック&ホワイト、針は90年以降に交換されている純正のトリチウム針、ブレスは80年代以降の18金無垢の5連ジュビリー、そして今回、この一品に対し、最高の一品に仕上げる為に日本ロレックスにてオーバーホールをさせて頂きました。当然、ダイアルはそのまま、竜頭、風防以外はそのままの状態。当然、トリチウムとしてのビンテージの漂う最高のオリジナルコンディションを残しつつ、日本ロレックスOH完了品として防水保証も含めた形で2016年11月19日から2018年11月18日までの2年間のロレックス国際保証ギャランティーカ
ードと共にお渡しさせて頂こう。



>>この商品についての詳しい内容はこちら



共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。