So-net無料ブログ作成

激希少フジツボ★ロレックス GMTマスターRef.1675/8★18金無垢 激安価格はここで探せ!!


激希少フジツボ★ロレックス GMTマスターRef.1675/8★18金無垢


ロレックス GMTマスターって簡単には入手できないですね。

私もかなり調べまくりましたが、
やはりロレックス GMTマスターは、ここちらのサイトが確実に手に入るみたいです。


もはやこちらでしか買えないでしょうね。



激希少フジツボ★ロレックス GMTマスターRef.1675/8★18金無垢

>>この商品についての詳しい情報はこちら






人の視感に反応するかのようなその甘いフェイスのチュコレートブラウン、50年前それはより甘い色合いであったはずが、その50年という時が、そのもの自体の存在を変えていった……
1957年よりリファレンナンバー”6542/8”GMTマスターファーストモデルの金無垢モデルとしてフジツボが誕生し、1969年セカンドモデル1675/0と同時に金無垢モデル”1675/8”も誕生した。それはケース形状をノンガードからトップガード、そしてスクエアートップと変えながら、ダイアルの素材自体を変え4回のマイナーチェンジを経てビンテージとしての黄金時代のGMTの世界を1980年、伝説キャリバー”1570”から”3075”に変わることで幕を閉じることとなる。
フジツボという世界….それはキャリバー”1570”の伝説キャリを前提に100年、いや200年以上の時を平然に最高の精度を追い求めたロレックスGMTマスター セカンドモデルが最終章となることを証しているのかもしれない。
そして今回ご紹介する一品、1675/8,1978
年最終章となっていくセカンド金無垢。ダイアルは5ステージとなるマットダイアルにより近い状態である光沢のフジツボ。一見、マットダイアルのような深い味わいとそこに自然体としての光沢が絶妙なバランスで4ステージとしての役割を果たしているような気がする。当然そのダイアルにある夜光のフジツボは経年を人が老いゆく時の深い人間力のように深い哀愁を感じる。そこにセカンドモデルまでにしかない”立体的ロレックスロゴ”が燦然と輝くのである(サードモデルからはロレックスロゴはプリント)。24時間針、時、分針の色合いもほどよくヤケ、ダイアルのコーナー部分に剥がれている部分,24時間針にクラックが入っているものの、それもこの一品の味わいと考えてもいいのだろう。



>>この商品についての詳しい情報はこちら



共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。